ガンマGTPの数値を下げることが腎臓病には必要です!

ガンマGTPの直近情報を検索している方には、勿論当サイトが利用価値大です!利用者の立場に立って、注目の情報を把握しやすいように記載しておりますので、あなたが確認したいガンマGTPの情報を必ず得ることができると思います。

一般に腎臓病といわれるものには?

一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、健康診断を習慣化し、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで健康な人と同じように生活することが可能です。ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり日常に支障をきたさないものもあるため、常日頃の健康管理が大切です。日常生活の中で普段と違う尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があるのです。

急性腎不全の場合は、病状に相応しい治療と病状に至る原因を取り除くことができれば、健康な状態への回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行とともに腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。

腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしておりぴったり腰の辺りに左右1個ずつあります。


さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管が数多く存在している場所でもあるのです。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素(一定の量を超えると害になる物質も少なくありません)を尿の中に排出します。



体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨組織に必要なホルモンをつくり出すなどの重要な役割を担っていますよね。健康な腎臓機能でなくなると、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。
とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅らせることができるようになりました。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、昨今では透析療法や移植にとどまらずそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療を選ぶ事が期待できます。
薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、前むきにこれらの管理を行なうことでCKDの悪化を抑制できます。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食は高血圧(高ければ高いほど危険だといわれていますね)治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められていますよね。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますよねが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施困難な方を多く見受けます。

近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。

尿を創る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成していますよね。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて相応の対処も必要ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大切です。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。


標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思いますよね。
栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関するいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、徐々にカリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)排泄能力が低下していくことが多く、カリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)の摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)の量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や果物とくらべて多量のカリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)がふくまれていますよね。
もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム(鰯や大豆、昆布、緑黄色野菜などに多く含まれています)血症を呈する危険性が多くなります。

一日の食事の種類や量についてや、具体的な献立の工夫や、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。
低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。


具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。一日における排泄物を検査し計算をします。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。
腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。

食塩摂取量は1日6g未満が適切とされていますよね。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品選びを心がけましょう。


毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。薄味でもおいしく食べることができます。

肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。


たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく質食品」が市販されていますよね。
具体的な使い方については、管理栄養士に相談してちょうだい。
Copyright (C) 2014 ガンマGTPの数値を下げることが腎臓病には必要です! All Rights Reserved.