ガンマGTPの数値を下げることが腎臓病には必要です!

ガンマGTPの直近情報を検索している方には、勿論当サイトが利用価値大です!利用者の立場に立って、注目の情報を把握しやすいように記載しておりますので、あなたが確認したいガンマGTPの情報を必ず得ることができると思います。

腎機能にハンデを負った患者さん

慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明確に改善するというのは少ないので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生野菜や素のままの果物にくらべて多量のカリウムがふくまれています。

もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。

腎臓の形はというとソラマメに似ていてどの辺りにあるかというと、ぴったり腰辺りの左右に一個ずつです。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものがあまた密集している場所でもあるのです。
腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素(活性酸素や悪玉菌、乳酸などを指すこともあります)を尿の中に排出します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、赤血球をつくるホルモンや血圧調整、骨の代謝に関わるホルモンをつくるなどの必要不可欠なはたらきをしています。



腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、健康診断を習慣化し、病気と無縁の生活状態を意識することで健康的な生活を維持することが可能になります。



それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには無自覚なものもあるために、常日頃の健康管理が大事です。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、まずは医療機関での受診を優先した方がいいでしょう。一日のご飯の種類や量についてや、メニューに関するアイデアや、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。



尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を掌握します。



腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくるといわゆる腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)と言われていてる病態に移ります。

その腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)には、急性に属する急性腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)と、逆に長期にかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)があります。



急性腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)においては、的確な治療と病状悪化の元を探り除去することにより、腎機能の回復が見込めます。後に挙げた慢性腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)では、腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)の進行と共に腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。

近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を創り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。腎臓に関する治療は病院に行って相応の対処も必要ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。


腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、完治するというのは非常にまれで多くは慢性腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)に推移します。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、腎臓の機能の低下を防いだり、なるべく現状を保つ事も期待出来ます。治療法も多様化してきたため、末期腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)で腎機能の回復が難しい状態にあっても、透析療法や移植といった腎代替療法の中でもいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療を見つけることが可能です。

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。仮に標準体重を約60kgとすれば、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。例えば、食品にふくまれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表で確認できます。
このようなご飯療法については、栄養士の指示で自分なりのアイデアを取り入れる事もできるのです。
開業医さんでご飯指導をうけられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。
減塩と蛋白制限がご飯療法の要となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。

CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。


一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされています。



加工された食品や塩分の多い食品はさけて、なるべく生の食品を選びましょう。
煮物や汁物などには、天然だしの使用をおすすめします。

料理次第で、薄味で持たいへんおいしく食べることができます。


肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として「低たんぱく食品」が一般に販売されています。
まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談してください。
Copyright (C) 2014 ガンマGTPの数値を下げることが腎臓病には必要です! All Rights Reserved.