ガンマGTPの数値を下げることが腎臓病には必要です!

ガンマGTPの直近情報を検索している方には、勿論当サイトが利用価値大です!利用者の立場に立って、注目の情報を把握しやすいように記載しておりますので、あなたが確認したいガンマGTPの情報を必ず得ることができると思います。

一度失われてしまった腎臓の機能は?

一度失われてしまった腎臓の機能は、回復することがない場合が多く慢性腎不全(腎臓の機能が30%以下に低下してしまった状態をいいます)といわれる病態になります。

とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、腎臓の機能の低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。



病状が末期腎不全(腎臓の機能が30%以下に低下してしまった状態をいいます)に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療をうけることができます。
腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると一般的に腎不全(腎臓の機能が30%以下に低下してしまった状態をいいます)へ移行します。

その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全(腎臓の機能が30%以下に低下してしまった状態をいいます)と、長い年月をかけて腎臓のはたらきがゆっくりと悪くなる慢性腎不全(腎臓の機能が30%以下に低下してしまった状態をいいます)があります。先に挙げた急性腎不全(腎臓の機能が30%以下に低下してしまった状態をいいます)は、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化指せた原因を取り除くことができれば、健康な状態への回復が期待できます。


ただ、慢性腎不全(腎臓の機能が30%以下に低下してしまった状態をいいます)に至っては病状の進み具合によって腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。



現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。


標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。たとえば、食品にふくまれる蛋白の量を知りたいときはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。

蛋白量についての食事療法については、栄養士の指導でいろいろと工夫してやっていけます。

仮に開業医さんに食事指導をうけ付けてもらえなかったら、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。



多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、カリウム摂取を減らす必要があります。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、加工していない生の野菜や果物よりもふくまれているカリウムが、間ちがいなく多量です。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。


食塩制限は腎臓の負担を軽くします。一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされています。
加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などは、天然のだしを聞かせましょう。食材の味を楽し向ことができます。

たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。
たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。

具体的な使い方については、管理栄養士に相談してください。
腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、定期的に健康診断をうけ早期に発見し、普段からマイペースなリズムで生活することによっていつもと変わらない健やかな生活を送ることができます。
ところが、腎臓病の中にはおもったより進行するまで自己判断が難しいものもあるので、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。



日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、すぐに医師へ相談しましょう。
近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっています。腎臓は尿を造る臓器で背中に二つあって体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作るはたらきをしたり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。
言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりの対処も大事ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。
ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。

さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管があまた密集している場所でもあります。



この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。

体内の電解質の濃度を一定に持続したり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の成長段階に必要なホルモンをつくり出すなどの必要不可欠なはたらきをしています。

CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、高血圧(本態性高血圧症と二次性高血圧に分けられます)治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。



減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると約半分であるせいで、いわゆる蛋白制限食は不味い、カロリー摂取が満たされないなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。一日の食事の種類や量についてや、また献立の工夫や、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。


低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらについての情報の提供や指導もしていきます。
患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。


Copyright (C) 2014 ガンマGTPの数値を下げることが腎臓病には必要です! All Rights Reserved.