ガンマGTPを下げるには

健康診断や血液検査でAST(GOT)、ALT(GPT)、ガンマGT(ガンマGTP)の数値が高かったら

まずは肝臓について簡単にご説明いたします。

肝臓は、血管を通って運ばれてきた栄養を、身体に必要なものに変えたり、不要になったものを処理するなど、体内の化学工場のような役割を果たしています。

ガンマGTPは肝細胞・胆管細胞・胆汁に存在しており、肝臓や腎臓などで解毒作用に関係している酵素で、タンパク質を分解・合成しています。しかし、アルコールの大量摂取、ある種の薬物などが原因でガンマGTPが過剰に作られると血液中に漏れ出してしまします。

そのほかにも、肝障害などにより胆汁の流れが悪くなったり、胆管細胞が壊れると、細胞内や胆汁中からガンマGTPが血液中に漏れ出します。

簡単にいえば、肝臓の機能が果たせないほどのダメージを受けてしまい、肝細胞に多く含まれる酵素(ガンマGTP)が血中に出ている状態というわけです。

肝臓に障害が起こる病気はいくつかありますが、生活習慣の乱れによって起こりやすい病気が「脂肪肝」や「アルコール性肝炎」です。どちらも特有の症状や自覚症状がなく見落とされがちなので、気付いた時には『末期症状』と診断される場合が多いので注意が必要です。

ガンマGTPの数値が100を超えたら要注意!

ガンマGTPビールガンマGTPの基準値は男性50IU/l以下、女性30IU/l以下です。アルコールの影響で高値になるケースが多くみられます。 ガンマGTPが高すぎると脂肪肝の可能性があります。

脂肪肝は肝臓に余分な脂肪(中性脂肪)がたまった状態です。ガンマGTPの数値が100を超えたら厳格な節酒か禁酒、生活習慣の改善が必要です。簡単にガンマGTPは下がることはありません。

また、胆道に結石や腫瘍ができたりして、胆汁が流れにくくなった状態でもガンマGTPは上昇します。胆汁がうっ滞すると、胆嚢炎や胆管炎を起こす原因となります。胆汁は脂質の代謝を助ける重要な物質です。胆道がなんらかの原因で狭くなったり閉塞すると、胆汁の流れが障害され、小腸での脂質の消化・吸収が上手くできなくなってしまいます。

異常値の場合は、GOT・GPTなど、ほかの肝機能検査結果と併せて診断する必要があります。GOT・GPTも上昇している場合は、肝炎、肝硬変、肝臓がんといった疾患が疑われます。

ガンマGTPのみが上昇している場合は、胆道の異常が疑われます。結石や腫瘍などで胆道が閉塞していると、炎症(胆管炎)を招いてしまうので、早期の治療が必要です。

肝臓は再生能力の高い臓器ではありますが、アルコールの過剰摂取や喫煙、過度のストレス、疲労など不適切な生活習慣を続けていると、肝硬変から肝臓がんへと進行することが知られています。肝臓は沈黙の臓器と言われており、放っておくと大変危険です。最悪命を落とすことも考えられます。生活習慣をただし、健康な身体を手に入れてください。

脂肪肝とは

脂肪肝とは、肝臓に余分な脂肪(中性脂肪)がたまった状態です。
それでは、脂肪肝になりやすい生活を送っていないかチェックをしてみましょう。

  • お酒をほぼ毎日、量を気にせず飲んでいる
  • 太り気味である(BMIが25以上)
    ※BMI(体格指数)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
    (例)170cm、体重65kgであれば、65÷1.7÷1.7=22.5
  • 甘い飲み物、お菓子、デザート類を毎日とる
  • 体を動かすことが嫌い、または運動不足である
  • 食事を抜くことがよくある

脂肪肝を放っておくと、肝臓の血流が悪くなり、中性脂肪が増えたり、アルコールの分解が十分に行われなくなったりし、肝炎や肝硬変につながるおそれがあります。

アルコール性肝炎とは

アルコール性肝炎は、アルコール性の脂肪肝からそのまま大量に飲酒を続けることにより、肝臓がアルコールに含まれる毒性を処理できず、障害を起こしている状態です。

放っておくと、肝炎は肝硬変に進行するおそれがあります。肝硬変になると肝臓が線維化し、硬く小さくなって、働きを失ってしまいます。

女性アルコール依存症
管理栄養士の私は仕事でアルコール依存症で入院した患者さんの栄養指導など行ってきました。その経験で脂肪肝改善・ガンマGTPを下げるための生活習慣はどうすれば良いかお伝えします。

ガンマGTPを下げる生活習慣改善ポイント

まずは食事でガンマGTPを下げることを考えましょう
食事は生活の基本中の基本です。
食生活を正すことで規則正しい生活習慣が身に付きます。ガンマGTPを下げるために以下の項目を実践してみましょう。

  • 1日3食規則正しく食べましょう。朝食はしっかりと、夕食は軽めにしましょう。
  • 一口ごとに箸をおき、よく噛み、ゆっくりと食べましょう。
  • 肉類より魚類を選び、野菜のおかずをたっぷり摂りましょう。
  • 揚げ物、外食の回数を減らしましょう。
  • 間食の回数、量を減らしましょう。
  • 酒の席・晩酌の回数、アルコール摂取量を減らしましょう。
  • 週に連続2日間の休肝日を作りましょう。

1日230kcalのエネルギーコントロールで3kg減!!

肥満は脂肪肝を招きやすいため、肥満のある人は体重を減らすことで脂肪肝を改善できることが多いと言われています。リバウンドしにくく、成功しやすい減量の目安は1か月で1kg減らすことです。

そこで、1日あたり約230kcal分のエネルギーを食事や運動、アルコールの摂取量などで減らすことを心がけてみましょう。 3か月続ければ、3kgの減量ができる計算です。

『230kcalなんて無理だ!』なんて思わないでください。
ちょっとした積み重ねで230kcaを減らすことは十分可能です。

※100kcalの目安

食事:ごはん(茶碗)2/5杯、食パン(6枚切り)2/3枚、ざるそば1/4枚、シュークリーム2/3個、大福2/5個、カレーライス1/8杯

お酒:日本酒1/2合、ビール中瓶1/2本、ワイン(ワイングラス)1杯、焼酎(25度)1/3合、ウイスキーシングル1杯

運動:早歩き24分、自転車24分、階段を上がる13分、掃除機をかける27分、風呂掃除25分、子どもと遊ぶ24分、水泳(クロール)13分、体操29分、ジョギング14分、ゴルフ29分、野球19分、山登り13分、サッカー14分、テニス14分

揚げ物を控えたり、間食を減らしたり、エレベーターを使わず歩いたり、身の回りからできる範囲で取り組んでいきましょう。間食に関しては、表示されたカロリーを意識してみるとより効果があります。

ガンマGTPを下げるサプリはご存知ですか?

ガンマGTPを下げるサプリを使って効果に期待するのもひとつの方法です。ですが、健康体でないとサプリメントを飲んでも効果は現れません。
まずは上記に記載した生活習慣を正すことが重要です。食事もきちんと摂り、運動も行い、お酒を控えてもガンマGTPが下がらない人は以下のサプリメントをオススメいたします。

ガンマGTPを正常値に戻すためには、体調を考えていろいろな種類の野菜を毎日300g以上摂る必要があります。しかしながら、普段の食生活ではなかなか摂取できません。

トマトにはリコピンといった成分が含まれており、抗酸化作用があります。通常のトマトの約3倍の量を含む高リコピントマトを使用し、ほかに7種類の新鮮な野菜が含まれたこのジュースは、食生活が乱れている方や、体調が優れない方はぜひ試して頂きたい商品です。


サプリメントや健康食品を飲むときの注意点としては、薬ではないのですぐに効果はあらわれません。
ガンマGTPが下がらないからといってすぐに中止せず、数か月は飲み続ける必要があります。
個人差がありますので、身体に合わない場合はすぐに中止してください。

ページの先頭へ